プラチナ取引

プラチナは白金や小さな銀とも呼ばれ、大変高価な貴金属として知られていますが、宝飾品だけでなく、医療機器やその他の産業にも多く使われています。 プラチナは世界的に希少価値の高い貴金属(レアメタル)の一つです。融点が高いため溶けにくく、その特性はあらゆる人を魅了します。耐久性に優れ、触媒としても高い活性を持つため、プラチナは様々な分野で大変重用されています。この独特の特徴と魅力により、金融資産としての人気も高まっています。

Rodeo FXのプラチナ取引

  • レバレッジ – 最大500倍
  • 取引数 – 0.01〜50ロット
  • 取引期限 – 制限なし
  • 商品CFD

プラチナについて

歴史

ゴールドやシルバーのように、プラチナが初めて使用されたのは数百年も前のことです。当初は技術が足りず使いこなせなかったため、貴金属として認識されず、ゴールドやシルバーの副産物という存在でした。その後のさらなる研究により、ようやくプラチナは貴金属として知れ渡るようになりました。特徴としては、強い耐食性があり、金と同じく王水以外には溶けないという性質が挙げられます。プラチナは活性金属ですが、パラジウムと合わせることにより、「ノーブルメタル」と呼ばれる非活性金属の一つになります。その特徴から、医療機器やその他産業の重要な工程の一部として使われるようになりました。

プラチナの価値

その多様な用途と希少性から、プラチナは経済危機の状況下においても、その価値が変動しにくいとされています。では、どうしてプラチナは特別扱いされるのでしょうか? 融点が非常に高い ゴールドと比べて展性と延性が高い 変質、変色の心配がほとんどない 宝飾品や触媒等、様々な分野で利用可能 ゴールと比べてさらに希少価値が高い 宝飾品に使われていることはもちろん有名ですが、非腐食性のため、ペースメーカーや歯科機器にも使われています。融点が非常に高く、高温に耐えれるため、排気ガス浄化装置の触媒としても多く使われています。プラチナはまた、石油産業や製造業においても触媒として使われています。